フォーブス長者番付(ビリオネアランキング) 2015年日本編

お金の考え方

毎年恒例の、アメリカの有力経済誌フォーブス誌(Forbes)が、2015年版「The World’s Billionaires(世界長者番付)」を発表しました。

man_on_money

いや~、全く自分の収入には関係ないですけど、気になりますよね。

今年の日本人トップは、昨年2位だったカジュアル衣料販売の「ユニクロ」を運営するファーストリテイリングの柳井社長が、昨年のトップのソフトバンク孫社長を押さえて、堂々の1位でした。

その資産は、何と202億ドル!!(約2.4兆円 ※120円換算)

これは世界ランキングでは41位になります。

 

以下、ソフトバンクの孫正義社長、楽天の三木谷浩史社長と続いています。

日本人の世界ランキングに入った人は24人で、昨年の27人から3人減りました。

下記の表は、日本人の上位TOP10のランキングになります。

名前 経営会社 資産額
(1ドル:120円換算)
柳井正 ファーストリテイリング 2兆4,240億円
孫正義 ソフトバンク 1兆6,920億円
三木谷浩史 楽天 1兆440億円
滝崎武光 キーエンス 9,120億円
高原慶一朗 ユニ・チャーム 6,720億円
毒島邦雄 SANKYO 5,400億円
韓昌祐 マルハン 5,040億円
森章 森トラスト 4,440億円
伊藤雅俊 セブン&アイ・ホールディングス 4,080億円
三木正浩 ABCマート 3,960億円

 

上位3名は1兆円を超える資産で、想像もつかないレベルですね。

ソフトバンクの孫社長のすごい所は、『事業規模を豆腐の様に、一兆(丁)、二兆(丁)と数える規模にする』と若いうちから目標を立てていて、実際に個人資産でも1兆円レベルまで増やしていることですね。

 

あと、全体の印象としては、一代で事業を築いた創業社長が大半ということです。

ファーストリテイリングの柳井社長は、創業は実の父親ですが、地方の衣料品店を全国規模のカジュアル衣料チェーンにまで伸ばしたのは、柳井社長の実力によるものですし、孫社長、三木谷社長も創業社長です。

事業を起こして成功すると、莫大な資産を築くことが出来るという良い例ですね。

 

本家サイト(Forbes)はコチラからどうぞ。