今日の気になったニュース 2018年2月26日

R_SAYA151005538606_TP_V4 ニュース

R_SAYA151005538606_TP_V4

本日、2018年2月26日の気になったニュースです。(完全個人主観)

実話の本人を主役に起用したハリウッド映画

ハリウッド俳優(引退済)でオスカー監督でもある、クリント・イーストウッド監督の最新作「15時17分、パリ行き」(3月1日公開予定)の内容に驚きました。

映画の内容は、オランダ・アムステルダム発の高速列車内で、テロを起こそうとしていた犯人を、その場に乗客として居合わせた米兵が取り押さえたという実話を元にしたハリウッド映画なのですが、この映画の凄いところは、この犯人を取り押さえた米兵3人の本人を映画の主人公に据えたことです。

イーストウッド監督は最初、3人を技術アドバイザーとして考えていたそうなのですが、リアリティーを追求するのには「本人達が演じるのが良い」と思いつき、急遽オファーしたとの事です。

本人なのでリアリティはあると思いますが、それまで演技経験のない3人が主人公との事なので、出来がどんなものか非常に楽しみです。

個人が大幅買い越し(外貨投資:FX)

CC176164632_TP_V4
外国為替証拠金(FX)での個人買越額が、2018年1月末時点で1兆9,860億円と、前月(2017年12月末)の4,936億円から4倍以上と大幅に増えたそうです。

これはアメリカ財務長官のドル安容認発言などにより1ドル=113円台から108円台まで急激に円高が進み、タイミングを見計らった個人投資家が逆張りでドルを購入したり、すでにドルを購入している投資家が価値の下落によりナンピン買いを行った結果と言われています。

ただ、FX会社のコメントでは、「多くの外貨買いの持ち高が含み損を抱えている状況」との事なので、後者のナンピン買いのケースが多いようなので、これ以上円高が進むと投げ売りが大量発生して、さらなる円高になる可能性もあります。

左とん平さん死去

名脇役として知られた俳優の左とん平さんが、24日に亡くなったそうです。

80歳との事なので、若すぎる、というわけではありませんが、残念です。

昔見ていた「西遊記」の猪八戒、好きだったな・・・