30代で年収3千万を達成した人の特徴と共通点とは?

TSURU17623022_TP_V4 お金の考え方

TSURU17623022_TP_V4

30代で年収3千万を達成した人の特徴や共通点ってどの様なものでしょう?

30代で年収3千万の人数と割合(日本)

ちょっと前のデータになりますが、平成20年の労働力調査年報によると、労働人口が約6,650万人で、年収3,000万円を超えている人は約16万人(税務統計 申告所得税 平成20年分)との事なので、30代で年収3千万を達成した人数は労働力人口に対して、わずか0.3%という事になります。

私の勤めていた会社は東証一部に上場している会社でしたが、その役員クラス(50代)でやっと3,000万円に乗るかどうかだったと聞きました。
しかもこの金額を30代で稼ぐというのですから、普通のサラリーマンでは非常に難易度が高い金額だということが分かります。

※『30代で年収3000万円を実現した300人に聞いた! 稼げる人 稼げない人』より引用

30代で年収3千万を達成した人の共通する特徴とは?

30代で年収3千万を達成した人の共通する特徴は、大きく下記の3つがあります。

1)変われる
2)本気で働く
3)成功への手順を踏む

1)変われる

大金を稼ぐ人になるためには、まず自ら「変わる事ができる」力が必要です。

本の中でも、

30代で年収3000万円を実現した人は『変われる』人で、普通の人は『変われない』人だというわけです。

と書かれています。

また、30代で年収3000万円を達成した人の大半は、「自分の人生を変化させた経験」があり、「自分の人生は自分の意思で判断して決めたかどうか」という質問に対して、「はい」と答えた人は92%を占めたとの事です。

自分の人生は、自分自身でしっかりコントロールする。
その気概が、人生を好転させるのに必要な要素という事ですね。

以前参加したことのあるセミナーで、

「現在の行動を続けていても、理想とする生活には絶対にたどり着かない。」
「変化を求めるのに現状を変えたがる人が多すぎる」

という話を聞きました。

また、

「現状を変えずに、理想の生活を達成したい人は、このセミナーの帰りに宝くじを買ってください。そうすれば非常に低いですが可能性はゼロではありません」

と言っていました。

まさにその通りだと思います。

2)本気で働く

Green8_gomicap20141123131400_TP_V4
30代で年収3千万を達成した人の多くは、一心不乱で仕事に打ち込んだ経験を持っています。

一つの物事をマスターするために「1万時間」が必要と言われていますが、まさにこの事だと思います。

また成功した実業家の話として、

「人生1時間ということなんだよね」

という言葉も紹介されています。

これは1時間=60分を自分の年齢に例えていて、バリバリ働くことができる年齢を60歳までと考え、その限られた時間を有効活用するために、全ての物事の優先順位や「やる・やらない」の判断基準にしています。

他にも、英語学習の時間を別の事に使うと決めた経営者の話も紹介されていて、

「日常生活では英語は必要ない。必要な時は外国人と商談をする時くらいで、その時は通訳を雇えばよい。」
「たいていの人は、余計なことをやリすぎ。」
「大事なのは『しないこと』を決めると言うこと。他の人はムダな事をしすぎている。」

といった内容の事を言っています。

限られた時間を有効活用するためにも、「何をやるか」を決めるよりも、まずは「何をやらないか」を決めることが重要という事ですね。

ただ、30代で年収3千万を達成した人への「今までに犠牲にしたものは何か」というアンケートで、一番多かった答えが「家族との時間」「遊び、娯楽」だった事を考えると、バランスの難しさについて考えさせられます。

3)成功への手順を踏む

3番目の特徴として、「成功への手順を踏む」があります。

その手順は下記の5つです。

1)弟子入りする
2)好き・強みを磨く
3)目標を設定する
4)やってみる
5)思考を身につける

最初の「弟子入りする」は、誰かに弟子入りする事だけでなく、自分の目指す将来にメリットのある会社や職場で働くことを指しています。
つまり適切な環境で働く、という事です。

2番目の「好き・強みを磨く」は、一般的には「長所を伸ばす」と言われています。

3番目の「目標を設定する」は、夢を夢のままにするのではなく、具体的な数値やステップに落とし込むことで、「夢へのロードマップ」を作るということです。

4番目の「やってみる」は、言葉通り「悩んだりするよりも、まずはやってみる」という事です。

最後の「思考を身につける」は、お金を稼ぐには、世の中に価値を提供する必要があるので、まずは生活で困っていることや問題点などを洗い出し、それを解決する方法を見つけるという思考を身につける必要があります。

どれだけ縄跳びを早く飛んでも、自然と二重跳びにはならないように、目的に到達するためには、正しい手順を踏む必要があるという事です。

30代で年収3000万円を達成した人の共通点

また、30代で年収3000万円を達成した人の共通点は下記になります。

・1日の睡眠時間は、5時間~6時間未満が一番多い
・1日のテレビの平均視聴時間は、1時間未満が約55%
・毎月の平均読書量は、9.88冊
・高級スポーツカーの所有者は、ごく少数

睡眠時間とTVの視聴時間は、大金を稼ぐ人の時間の使い方として顕著ですね。

言葉通り、寝る間を惜しんで自分のやりたい事やビジネスに時間を投資しているという事でしょう。

また平均的な読書量が月約10冊ということは、1冊1,500円としても、毎月15,000円ほどは読書に投資しているという事なので、成功する人は自分への自己投資も怠らないという事だと思います。

まとめ

30代で年収3000万円を達成する、0.3%になるためのキーワードは、下記の5つだと感じました。

・変化を受け入れる
・時間を有効活用する(やらないことを決める)
・本気になる(集中する)
・正しい手順を踏む
・自己投資をする

まずは、自分の生活に取り入れられることから始めてみましょう!