FX(外貨証拠金取引)でリスクを減らして資産を増やす方法

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています
スポンサーリンク

FXとは?

FXとは、日本語で「外国為替証拠金取引」を意味する「ForeignExchange」の略です。
他にも「通貨証拠金取引」「外国為替保証金取引」などとも呼ばれます。

自己資金の何倍もの額を、リアルタイムで通貨売買ができる取引方法で、外貨預金などに比べて資金効率の良い運用が可能になります。

日本では1998年に外国為替及び外国貿易法が改正され、豊商事株式会社、ダイワフューチャーズなどが取扱いを開始し、ブロードバンドの普及により市場が急速に拡大しました。
商品先物会社、証券会社のほか、本取引を専業で取り扱う業者も数多くあります。
取引の仕方(レバレッジ)によっては非常に高いリスクを負うため、実際の取引にあたっては外国為替相場に関する十分な知識や経験を必要とする投資手法です。

FXのメリットとデメリットは?

外国為替証拠金取引(FX)は、多くの投資家にとって魅力的な投資手段です。
しかし他の投資手段と同様に、メリットとデメリットがあります。
以下に、FXの主なメリットとデメリットを説明します。

メリット

効率的な資金運用(レバレッジ)
FX(外貨証拠金取引)は証拠金制度を取っているので、効率的な資金運用が可能です。
例えば米ドルの場合、1万ドルの取引に対して3~5万円の保証金で取引を行うことが可能です。
実際に1万ドルを購入したり、外貨預金をしようすると100万円以上の資金が必要となりますが、FXでは5万円ほどの保証金で取引を行うことが出来ます。
ただ、実際に5万円の入金で取引を行おうとすると、その分リスクも高まっていますので注意が必要です。

24時間取引可能
FX市場は24時間開いており、世界各国の市場が開いている間はいつでも取引が可能です。(週末は閉鎖)
そのため、日中働いている人でも取引がしやすいというメリットがあります。

流動性の高さ
FX市場は世界最大の金融市場であり、非常に高い流動性があります。
これにより、売買が迅速に行われ、スプレッド(売買価格差)が小さくなる傾向があります。

手数料の安さ
外貨預金などに比べて、FX(外貨証拠金取引)は手数料の安さが魅力です。
外貨預金では往復(購入と売却)で1ドルに付き2円ほどの手数料がかかります。
つまり、1万ドルであれば2万円です。
それに比べてFXは、無料~525円ほどで取引をすることが出来ます。
※無料のFX会社は、発注レートと実際の約定レートに差をつける事で、その差分を利益・手数料として得ている事が多いです(スリッページと呼ばれています)

スワップ金利
スワップ金利とは、売却通貨と購入通貨の金利差のことです。

米ドルを1ドル100円で1万ドル購入したとすると、日本円を100万円売却して、米ドルを1万ドル購入したことになります。
そうするとアメリカの金利と日本の金利差分だけ、金利収入として受け取ることになります。
現在の日本の金利は世界でも最低水準なので、ほとんどの国の通貨を購入しても金利収入を得ることができます。

「売り(ショート)」から入れる
FX(外貨証拠金取引)では、米ドルなどの外貨の購入からだけでなく、「売り(ショート)」から入ることも可能です。
「今後為替が円高に向かう」と考えれば、外貨を売って日本円を購入すれば、実際に円高に向かった場合に差額分を利益として受け取ることが出来ます。

満期がない
FXは証拠金取引なので商品先物取引などと似ていますが、満期がないので投資家の判断により好きなタイミングで売買することが出来ます。

デメリット

またFXのデメリットとしては下記があげられます。

リスクコントロールが必要
FXは高いレバレッジを利用することで、大きな利益を得る可能性がある反面、損失も同様に大きくなるリスクがあります。
特に、予期しない市場の変動により、大きな損失を被る可能性があります。

複雑な市場動向
為替市場は、多くの要因(経済指標、政治イベント、自然災害など)によって影響を受けるため、価格の動向を予測するのが難しいことがあり、予期しない損失を被ることがあります。

心理的ストレス
FX取引は短期的な価格変動に左右されるため、取引者にとって心理的なストレスが大きくなることがあります。
特に高いレバレッジをかけて大きな損失が発生した場合や、予期せぬ市場変動があった場合に冷静な判断ができず、さらにリスクの高い取引を行うことで取り返しのつかない損失となるケースがあります。

リスクを減らして資産を増やす方法

FXはリスクが高いと考えられていますが、コントロールの仕方によっては非常に低くすることが出来ます。
私がオススメしているのは、2~3倍のレバレッジです。
仮にレバレッジを2倍に抑えると、ロスカット(保証金の50%以下)を考慮しても、通貨が購入時の25%以上下落しない限りロスカットには届きません。(米ドルを100円で1万ドル購入したときは、75円まで円高にならないとロスカットは発生しません)

また上記にも書きましたが、FX(外貨証拠金取引)にはスワップ金利があります。
このスワップ金利は毎日保証金に追加されていくので、長期保有すれば保有するほど保証金は強化され、ロスカットになりにくくなります。

タイトルとURLをコピーしました