自分はどれだけお金を、なぜ必要としているか?を考える

R_PAK85_laladentakuOL20140321_TP_V4 お金の考え方

計算に強い女性
お金持ちになるには、お金に対して真剣に向き合う必要があります。

大富豪は、自分のお金がどれだけ入ってきて、どれだけ出て行っているかを正確に把握していますし、どれだけの資産を築いても、お金に関する知識のや情報収集を怠ることがありません。

これは、「しないといけない」と考えて行っているのではなく、習慣となっているからです。

どれだけお金に対して真剣になれるかは、「どれだけのお金が必要」で、「どの様に使うか」が決まっている必要があります。

例えば1,000万円が欲しい人の場合、「手に入ればいいな」と考えている人と、娘が病気にかかり、その手術代で1,000万円の現金がすぐに必要な人と、どちらが1,000万円を手に入れる可能性が高いかは、言うまでもありません。

また、実際に1,000万円を手に入れても、それを貯金するだけでは、「お金がある」という安心感は得られますが、毎日の生活には影響がありません。

これは1,000万円でも1億円でも同じです。

貯金通帳の残高が変わるだけなら、自分の通帳に手書きで数字を書き込んでも同じ事です。

お金は使ってこそ意味がありますし、お金は使うときにこそ、その真価を発揮します。

1万円札の製造原価はわずか数十円と言われていますので、お金を貯めているだけでは、たとえ100万円でも(原価価値としては)数千円分の価値しかありません。

しかしこの100万円を使うと、100万円分の価値と交換することが出来ます。

ただ「お金持ちになりたい」ではなく、「毎月◯◯万円のお金が必要なので、そのお金を手に入れるためには、どのように行動すればよいか?」を常に考えて行動することで、結果的に自然とお金持ちになることが出来ます。