自分の命よりも大切なこと

雑談

R_-shared-img-thumb-PAK86_iphonetomemo20140313_TP_V.jpg
小説家や漫画家を目指している人は本当にすごいと思う。

1作の漫画や小説を書くのに、数週間~数カ月かかる。

その作品がお金になるかどうかは編集担当者次第。

どれだけ時間をかけて頑張って書いた漫画でも、編集者の「ボツ」という一言で終わり。

そこから先にはつながらないし、1銭もお金にならない。

それでも諦めずに新しい作品に取り掛かる。

それは漫画や小説に対する「熱い思い」、というより「執念」がないと無理。

そんな情熱を持って、物事に向き合っている人が本当にうらやましい。

昔読んだ事のある、高河ゆんさんの「源氏」という漫画で、主人公の江瑞克己が、

「命は何よりも一番大事。

それよりも大切なものがあるとすれば、その大切な命を捨ててもいいと思えるものに出会える事」

という(主旨の)台詞がありましたが、本当にそうだと思います。

たった一度の人生の大半を掛けてもいいと思えるような事に出会える事。

それはたとえ結果的に成功しなくても、非常に幸せな事なのかもしれません。

せっかく大切なものに出会えたのに、

「それでは生活していくのが難しいから」

「会社を辞めてやるにはリスクが高すぎる」

という理由でやらないのは、本当にもったいない事です。

あなたには、好きで好きで仕方ないのに、リスクを恐れて出来ていない事ってありますか?