安倍首相の「パートで月25万」発言で「世間知らず」の声

雑談
R_-shared-img-thumb-Green11_kessai20141123152655_TP_V.jpg

安倍首相の国会答弁で「妻のパートで月収25万」と発言した事で、「世間知らず」「庶民感覚なさすぎ」という声が多くあり、一時期炎上していました。

スポンサードサイト

これがその動画になります。
↓  ↓  ↓

※リンク先動画が削除されたため、リンク先動画を差し替え(1/17実施)

ただネットで話題になってから動画を見ましたが、「パートで月収25万円」は分かりやすくする為の、ただのたとえ話なので、特に問題はないと思いました。

安倍首相の回答主旨

質問については動画に入ってないので分かりませんが、「アベノミクスで景気は良くなったと言われているが、一人あたりの賃金(平均収入)は下がっているのではないか」という指摘に対する回答だったようです。

安倍首相の回答主旨をまとめると下記になります。

1)景気が回復して雇用(求人)が増加すると、パートなどで働く人が増えるので平均賃金は下がるのは当然。

2)例えば、夫が50万、妻が25万であったとしたら世帯全体の収入は50万円から75万円に増えるが、平均年収にすると37万5千円で、以前より12.5万円減少することになる。

3)そのため、単純に平均年収を見ても景気の回復を表している訳ではない。

確かに「パートで月収25万円」という数字だけを聞くと、「世間知らず」「庶民感覚なさすぎ」という感想も出てきますが、話全体の流れで見るとその通りなので、特にネットで炎上する内容ではないかなと感じました。

この答弁で面白かった点

それよりも個人的には面白かったの個所が2か所ありました。

1つ目は、最初に具体的な金が気でたとえ話をしようとした時に安倍首相が、

「(奥さんが)パートで働き始めると、わが家の収入は25万円と25万円で50万円になる」

と話している点です。(0:30あたりから)

それ、平均収入変わってないから!!

すぐに気付いて例の金額を変えたのはさすがですね。

2点目は、その金額を変えた例で、安倍首相が、

「例えば私が50万円で、妻が25万円であったとしたら、ひゃっ、え~、75万円に増えるわけであります」

と話している点です。(0:40あたり)

明らかに「ひゃっ」の所は「100万円」と言おうとしてるようで、個人的にツボにはまりました。

まとめ

例え話の例だけで炎上するなんて、責任のある立場の人は本当に大変だな、と感じました。

ちなみにこの例が「50万円と10万円」とかなら、今度は女性擁護団体からクレームが来たりするんでしょうか?

「男性の賃金との差が開きすぎているのは問題」とか・・・