大富豪が自分の息子を、田舎の土地に送ったらどうなったか?

お金の考え方

country_side

ネットで以前話題になっていた「大富豪が自分の息子を、田舎の土地に送ったらどうなったか?」という話を紹介します。

大富豪が自分の息子を、田舎の土地に送ったらどうなったか?

ある中国人の大富豪が自分の息子を田舎の土地に送りました。
息子に一度「貧しさ」を体験させたいと考えたのです。

息子は田舎に送られて3日間生活し、帰ってきた息子と下記の会話をしました。

お父さん「あっちでの生活はどうだった? 」

息子「うん、良かったよ! 」

お父さん「こちらの生活と向こう側の生活は、どう違った? 」

息子「差はいっぱいあったよ! 」

息子は答えて、話を続けます。

息子「うちは犬を1匹育てているけど、あの家は4匹も犬を育てていたんだ!

それに、うちにはプールがあるけど、あっちには大きなきれいな池があって、しかも魚までいるんだ!!

うちでは夜、照明が明るくしてくれるけど、あっちでは月と星がキラキラとして明るくしてくれていたよ。

うちの庭は塀に囲まれているけど、あっちでは囲いなんて無いんだ。
あっちの庭は、まるで地平線まで続いているようだったよ!

うちではCDを聞くけど、あっちでは鳥のさえずりや自然の音を聞いて過ごすんだ。

うちでは塀に囲まれているけど、あっちではいつ友だちが来ていいように、扉さえも鍵をかけないんだよ。

あとこっちでは、携帯とパソコンが常時つながっているけど、あっちでは自然や家族と常につながっているんだ。

お父さん、本当は僕達がどれくらい貧しいものかを教えて、ありがとう! 」


子供の視点は非常に純粋で、大人の意図しない答えを導き出すことがよくあります。

この話も、田舎の生活の不自由な点に気を取られずに、良い点だけにフォーカスする子供の視点がありありと描かれています。

この視点を持ち続けることが出来たら、この息子も父親以上の大富豪になれる素質があるんでしょうね。

出典