本が売れないのは図書館の貸し出しが原因なの?

tosyokan 雑談

tosyokan.jpg
先日、「図書館での新刊貸し出しが発売から1年間出来なくなるかもしれない」という内容の記事を読みました。

これはまだ最終決定ではなくて、2015年10月に開催された全国図書館大会で、2015年11月にも出版社側から図書館側に要望を送る予定であることが公表されただけで、実際に要望書が送られたかどうかは分かっていません。

ただ、これが受け入れられれば、すべての新刊本が対象ではなく著者と版元の合意がある新刊本のみですが、発売から1年間は図書館で貸し出しすることができなくなります。

たしか洋楽CDのレンタルは、CDの発売から1年経過しないと出来なかったと思うので、それと同じようなシステムになるイメージでしょうか。

出版社側の言い分と利益構造

上記の全国図書館大会で、新潮社の佐藤隆信社長が「売れるべき本が売れない原因の一つが図書館の貸し出しだ」と発言しました。

出版社側の利益は他の業界と違って特殊な構造をしています。

出版物は委託販売が主力形態となっており、本を製本して本屋に配本しても、売れなければ返品されてきます。

一般的に、初版で製本した部数の約9割が売れてやっと採算ライン(=損益分岐点)になると言われています。

そして初版分で制作にかかったコストが回収できているので、その後の増刷(=重版)分の大半は利益になりますが、図書館が本を貸し出した影響で売り上げが止まってしまい、増刷できなくなった本が多数あると出版社は言っています。

そのため『今後は、著者と版元の合意がある新刊を「貸し出しの1年猶予」を求めたい。』と主張しています。

また、図書館側がとっている行動も、出版社だけでなく、作家にも影響を与えています。

スポンサードサイト

図書館の行動

図書館では予約の多い(=人気が高くて在庫数が少ない)本に関して、作品名を表示して「寄贈のお願い」を行っている図書館が多数あります。

この作品名を具体的に記載して寄贈を呼びかけるのが「やりすぎだ」としてネットでも話題になっています。

また、映画化された『鴨川ホルモー』や『プリンセストヨトミ』の作者である万城目学さんもツイッターで寄贈の呼び掛けに対して下記のコメントしています。

まとめ

図書館で予約した場合、本を確保してから受取までに1週間の猶予があり、本を受け取ってからは2週間の貸出期間があります。

それから考えると、予約している人が予約確保から返却まで最大3週間かかる計算になるので、仮に10人の予約者がいる場合(予約者数100人で蔵書数が10冊と仮定)、貸し出しされるのは約30週間後になります。

これは予約してから7~8ヶ月後なので、本当に読みたい人は自分で買うか、知り合いに借りるでしょうし、逆にそこまで待てる人は最終的に買わない人だと思うので、結果的にはそんなに影響はないような気がします。
dokusyo.jpg
出版社と図書館の関係で皮肉な点は、図書館は出版社にとって売り上げを拡大を阻む要因であると同時に、大口の購入者でもある事です。

公共図書館集計によると、2015年時点での公共図書館は約3,200あります。

仮にすべての図書館で1冊ずつ配本されるとすると、それだけで3,200冊売れることになります。

人気作家の小説であればたいした数ではありませんが、それほど売れていない作家の本であれば、初版で印刷する数は5,000~1万部ほどらしいので、図書館への販売だけで30~60%を占める事になります。(それほど売れていない作家の本を全ての図書館に入れるはずはないので、想定時点で矛盾していますが)

この出版社側が提出予定の要望のポイントは、「著者と版元の合意がある新刊」という制限が掛かっている点ですね。

勝手に売れていく人気作家の本は「図書館では1年間は貸出禁止」としておいて、他の売れ行きの芳しくない本は「ドンドン買ってください」という意図が見え隠れしています。

ただ、1年間貸し出しを猶予するのは悪いとは思いませんが、1年後に図書館が新刊本を購入してくれる事にはならないでしょうね。

その頃には寄贈本が多数来ているはずなので、新規で図書館が購入する事はないと思いますが、実際のところはやってみないと分かりませんね。

個人的には1年間の貸出禁止は良いと思います。

図書館で貸出するには、まず本が発行されないことには話になりません。

もし図書館で新刊を貸し出している事が原因で新刊本の売上が下りているのであれば、売上低下による会社の業績不振を理由に発行されなくなる新刊が出てきているということなので、1年間の貸出猶予をすることで出版社・作者・図書館の三方にメリットがあります。

デメリットがあるとすれば、図書館で借りている人が読めるのが1年遅くなる事ですかね。

ちなみに、1年間の猶予が決まった場合、発売から1年以内に対象の本が寄贈された場合、どうするんでしょうね?

お断りするのか、受け取っておいて発売から1年経つまで待つのか、寄贈本のみOKで出すのか。。。