印僑(ジュガール)の教え

ac_indian お金の考え方

ac_indian

先日ネットサーフィンしていたら、「ジュガール」という言葉に出会いました。

中国以外に住んでいる中国人のことを「華僑」というように、インド以外に住んでいるインド人のことを「印僑」と呼ぶそうです。

この「印僑」は全世界に2,500万人おり、特に250万人が住むアメリカでは、人口の0.5%という少数民族なのに、印僑の「9人に1人」が年収1億円以上との事です。

さらにアメリカの億万長者の10%を印僑が占めているというデータもあるそうです。

この成功している印僑が行動基準としているのが「ジュガール」で、成功するために守っているの3つのポイントが下記になります。

1)自分にあったビジネスをする

まず一番大事な前提として、自分にあったビジネスをする必要があります。

毎年世界の大富豪ランキングに名を連ねるビル・ゲイツ氏も、もし住宅業を営んでいたら現在のような成功は収めていないように、自分の性格・資質にあったビジネスを選ぶ必要があります。

「自分に合っている」というのは、成功するのに非常に大きな要素です。

2)自分の中の神様を起こす

型通りのビジネスをするのではなく「自分の中の神様を起こし」「自分に合う」ビジネスをすることで「失敗する」という選択肢を無くすことができます。

「自分の中の神様」は一般的な言葉で言い換えると、「潜在意識」のことだそうです。

3)ジュガールを常に意識して行動をする

成功するインド人が知っている教えだそうですが、詳細はよく分かりません。

ユダヤ教の経典「タルムード」のようなものでしょうか。

日本人が成功しない理由

日本人は世界的に見てとても優秀な人が多いが、成功していない人の方が多く、その理由は下記の3点です。

1.自分に合わないことを強制する(真面目な性格ゆえ)

2.自分の中の神様を起こしていない(潜在能力)

3.『ジュガール』を知らない

 

上記の成功している印僑の正反対ですね。

ジュガールのすごさ

R_ac_Taj_Mahal

ジュガールのすごさを証明する事実をまとめました。

・世界各地で大成功を収めている印僑大富豪および印僑ビジネスマンの83%が、成功したのは「ジュガール」のお陰 だと述べている。
・世界中の一流ビジネスマンに愛読されている「ハーバードビジネスレビュー」でもインドが世界に起こしたイノベーションつまり革命はジュガールマインドと言っている。
・アメリカの科学者の12%、医師の38%、NASAの36%がインド人
・マイクロソフトの従業員の34%、IBMの28%、インテルの17%がインド人
・サン・マイクロシステムズやマッキンゼー、マスターカード、ペプシ、モトローラ、アドビシステムズ、シティグループ、などの世界的な有名企業のトップがインド人
・世界最高のビジネススクールである、ハーバードビジネススクールの学長もインド人

学ばないと生き残れない

インド人にはIT系など優秀な人が多いですが、それは「新しいことを学ばないと生き残れないから」という意識が常にあるからだそうです。

インドは世界第二位、そして日本の約10倍の12億人の人口を抱えている国になるので、当然のことながら競争がとても激しく、何かを学ぶときには必死で学び続けないと、すぐにその競争から脱落してしまうためです。